企業としてのイメージアップを狙うならオフィス移転

企業としてのイメージアップを狙うならオフィス移転

企業のイメージを良くしたいので考えているのであれば、オフィス移転をすることをおすすめします。
近年はテレワークが普及して自宅など好きなところで仕事をすることができるようになりましたが、オフィスは企業の顔となる場所なので問題点がある場合は改善しないといけません。
オフィス移転で重視するべきポイントは立地になります。
ビジネスをする上で不便な場所にあると、他の企業と関われる機会が少なくなりますし、顧客が訪問する際に迷惑をかけてしまうので注意が必要です。
2つ目はオフィス家具などにもこだわることです。
綺麗なオフィスにすることで、イメージアップに繋がります。
古いものを使用しているのであれば、オフィス移転の際に思いきって買い替えてみてください。
別に海外製の効果な家具にする必要はないです。
安くてもデザイン性に優れていたり、使い勝手の良い製品があるので大丈夫です。
イメージアップに成功すれば、働きたいという人が増えて人材不足も解消できます。

オフィス移転の準備期間は退去通知が必要な期間が目安になる

オフィス移転を行う場合には、しなければいけないことがたくさんあるので、どの程度の期間を準備期間として用意すればいいのかが問題になります。
退去をするための手続きや工事などから、入居する新しいオフィスを探すための作業や手続きなどが必要になります。
必要な作業を把握して、それらを踏まえて計画を立てて、全ての行程を終えるために必要な時間を算出する必要があります。
この作業は、決して簡単ではなく過去に何度も経験しているという会社で、担当者やノウハウが残っている場合以外は、骨の折れる作業になります。
そこで目安として利用出来る基準があります。
オフィス移転をする場合には、退去するオフィスにその旨の通知をする必要があります。
契約上一定期間前もって通知することが義務付けられていることがほとんどです。
採用されている退去予告期間は半年が多いので、オフィス移転の準備期間も半年間なら問題なく使えるということです。
移転を決めてから半年以内に退去しても、旧オフィスの賃料を払わなければいけないので、非効率になるからです。

著者:仲野芳男

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
今年自分で経営する会社のオフィスを移転。
その時の体験を基に、オフィス移転について記事を書きました。